冷え性
  冷え性と漢方薬
  更年期障害
  高麗人参(紅参)
  ビタミン・サプリメント
   商品の表示
   大豆パワー
  シャンピニオンと腸内環境
  子宮内膜症
  不妊症
  瞳とビルベリー
  ローヤルゼリー

  便秘薬について
  にがりでスッキリ

  ドライスキン
  コスメシューティカル
  美白にはプラセンタ
  シミとメラニン色素
  酸素と活性酸素
  フラバン茶

  ダイエットで健康
  コエンザイムQ(CoQ10)
  デトックス


  性病について
  豊乳のサプリメント
   Healthy & Sexy
   

  
 
メラニン色素・・いやなシミの原因


皮膚は、紫外線を吸収するとメラニン色素を作り出します。
このことで、体を紫外線から守る防御システムです。このメラニン色素が皮膚に沈着して出来たものがシミになります。
メラニンは、表皮の基底層にあるメラノサイトという色素細胞で作られます。紫外線がこのメラノサイトを刺激すると、メラノサイトの中のチロシナーゼという酵素が働き始めてメラニンが生成されます。
メラニンは徐々に皮膚表面に押し上げられて行き、角化して角質層になり、アカとしてはがれていきます。健康な皮膚は、たえずメラニンを生成し、絶えずはがれおちて行きます。
この循環がうまくいかずに皮膚に残ったものがシミです。
シミにはいろいろなタイプがあり、比較的簡単に消すことが出来るタイプと、定着して消すのが困難なものがあります。
対処法としては、プラセンタが有効な場合があります。前述のチロシナーゼという酵素をの働きを抑制する効果がプラセンタにあるため、過剰なメラニンが作られにくくなります。またプラセンタは、皮膚の新陳代謝を活発にすることから、生成したメラニンが皮膚表面に押し上げらやすくします。
この作用は、システインなどにもあります。 ハイチオールCなどのL-システイン製剤の効能効果に「シミ・そばかす・色素沈着」の効能が記載されているのはこの効果も関係しています。




「ハイチオールC」などのキーワードでさらに詳しくGoogleで検索
Google