冷え性
  冷え性と漢方薬
  更年期障害
  高麗人参(紅参)
  ビタミン・サプリメント
   商品の表示
   大豆パワー
  シャンピニオンと腸内環境
  子宮内膜症
  不妊症
  瞳とビルベリー
  ローヤルゼリー

  便秘薬について
  にがりでスッキリ

  ドライスキン
  コスメシューティカル
  美白にはプラセンタ
  シミとメラニン色素
  酸素と活性酸素
  フラバン茶

  ダイエットで健康
  コエンザイムQ(CoQ10)
  デトックス


  性病について
  豊乳のサプリメント
   Healthy & Sexy
   

  
 

更年期の体の悩み


更年期障害は、閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)
が減少することでおこる、さまざまな症状のことです。
更年期は、普通閉経前後の約10年間を指しますが、更年期前症候群を含めると、その数は全女性人工の半数近くが何らかの症状に悩んでいると考えられています。

症状としては、ほてり、のぼせがまず代表的な症状です。
ホットフラッシュと呼ばれるこの症状は、女性ホルモンが減ってきた時、脳は女性ホルモンを作る指令を出しますが、 卵巣機能が低下していると、この刺激が近くの体温調節中枢まで達してしまい、ほてりやのぼせの症状になります。一般的には、発汗・動悸も伴います。

月経異常、不正出血などを伴い、閉経に向かいますが、この女性ホルモンの大きな変化は、中枢神経系の機能変化に加えて、性の喪失感を中心とした様々なストレスをひき起こし、不眠やうつ症状が発生します。

対策としては、更年期障害は、漢方薬が「冷え性」と並んで得意とする分野になります。
「温経湯」「温清飲」「四物湯」「加味逍遥散」「桂枝茯苓丸」などを使用します。
漢方薬は体質によりどの処方を使うかが分かれてきます。
信頼できる漢方薬局に相談して下さい。


またサプリメントとしては女性ホルモン様作用を持つ「大豆イソフラボン」がお勧め!
大豆イソフラボンには、「膣粘膜萎縮予防」「膣粘液分泌促進作用」もあり、性交痛の予防にもつながると考えられます。

さらに詳しくGoogleで検索
「大豆イソフラボン」 「温経湯」「温清飲」「四物湯」「加味逍遥散」「桂枝茯苓丸」
Google