冷え性
  冷え性と漢方薬
  更年期障害
  高麗人参(紅参)
  ビタミン・サプリメント
   商品の表示
   大豆パワー
  シャンピニオンと腸内環境
  子宮内膜症
  不妊症
  瞳とビルベリー
  ローヤルゼリー

  便秘薬について
  にがりでスッキリ

  ドライスキン
  コスメシューティカル
  美白にはプラセンタ
  シミとメラニン色素
  酸素と活性酸素
  フラバン茶

  ダイエットで健康
  コエンザイムQ(CoQ10)
  デトックス


  性病について
  豊乳のサプリメント
   Healthy & Sexy
   

  
 

大豆パワー「イソフラボン」「レシチン」


畑の肉と言われる大豆は、日本人に欠かせない食材として使われてきました。味噌、豆腐、納豆などははまさに日本文化そのものと言っても過言ではありません。良質なタンパク質を含み、ビタミンやミネラルも多く含まれています。 しかし現在脚光を浴びているのが「大豆イソフラボン」と「大豆レシチン」 です。
「大豆イソフラボン」
大豆イソフラボンは大豆の「えぐ味」のもとで、味としてはマイナス面になりますが、これこそが骨粗鬆症、更年期障害、ガン、心臓病など多くの疾病を軽減する効果があるという研究結果が報道され、いちやく注目される成分になりました。大豆イソフラボンの研究は、欧米でいち早く研究が進行しており、各国で栄養補助食品として市販されるようになりました。
日本人の長寿の秘密が大豆食品にあったとさえ言われています 。「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンと似た働きを持つため、更年期障害や、女性ホルモンが大きく関係する骨粗鬆症の予防に有効とされています。
「大豆レシチン」
大豆のパワーのもう一つの成分が大豆レシチンです。これはリン脂質の一種です。レシチンの名前はギリシャ語の卵黄が語源で、事実、卵黄にはレシチンが多く含まれます。レシチンは細胞膜や脳、神経を形成する成分の一つで、細胞への必要な栄養分を吸収や、老廃物の排泄の関与しています。また、血管壁にはりついたコレステロールを溶かし、動脈硬化を予防する作用もあります。このため、レシチンが不足するとさまざまな疾患がおこりやすくなります。



さらに詳しくGoogleで検索
Google