冷え性
  冷え性と漢方薬
  更年期障害
  高麗人参(紅参)
  ビタミン・サプリメント
   商品の表示
   大豆パワー
  シャンピニオンと腸内環境
  子宮内膜症
  不妊症
  瞳とビルベリー
  ローヤルゼリー

  便秘薬について
  にがりでスッキリ

  ドライスキン
  コスメシューティカル
  美白にはプラセンタ
  シミとメラニン色素
  酸素と活性酸素
  フラバン茶

  ダイエットで健康
  コエンザイムQ(CoQ10)
  デトックス


  性病について
  豊乳のサプリメント
   Healthy & Sexy
   

  
 
コスメシューティカル・・・機能性化粧品


かつては日焼けした小麦色の肌が流行した時代もありましたが、 現在は紫外線100害あって1利ナシ!肌の大敵だという事は浸透しています。近年では肌の研究が進み、「シワ」「シミ」のメカニズムわかってきました。
コスメシューティカルとは、「化粧品」の「コスメティック」と「薬学」の「ファーマシューティカル」を合わせてできた言葉です。機能性化粧品と言う意味で、効く化粧品ということができます。
この効く化粧品で肌の乾燥や紫外線による老化を防ぎ、みずみずしい潤いのある肌を保つことができます。

キーワード
 
ヒアルロン酸 
ヒアルロン酸は、1gで6リットルの保水作用を有するムコ多糖で、哺乳類の、結合組織にたくさん分布していることが知られています。
細胞間に、水分を保持し、皮膚の潤いと弾力を保っています。赤ちゃんの肌にはヒアルロン酸が多く含まれており、 年齢と共に減少していきます。皮膚にしわができるのはヒアルロン酸の減少と関係が深いと言われます。

コラーゲン
皮膚の厚さはわずか2ミリ。外側が「表皮」で0.2ミリ、、内側が.8ミリ、・・・皮膚の本質は「真皮」ということになります。この70%をしめるのがコラーゲンです。 コラーゲンは皮膚だけでなく、関節、軟骨、骨、歯、血管壁などにも大量に存在し、われわれの体を構成しています。
コラーゲンは弾力を持ったタンパク質で、肌にコラーゲン繊維の間に水分を保持することで潤いのある肌を保つことが出来ます。

レチノール
アンチエイジング(肌の若返り)の切り札として注目の成分、レチノール(ビタミンA)。乾燥などに優れた効果を持ちます。 コスメシューティカルの先進国「アメリカ」で定着しています。 表皮のターンオーバーを正常化する他、真皮のコラーゲン産生を促進することで、弾力を持った潤いの肌になります。
レチノールは化粧品と医薬品の間に位置する「コスメシューティカル」の中でも効果の大きな物だけに,使い方には注意が必要です。 角質が薄くなるため、肌が熱く感じたりすることもあります。またステロイドとの併用はできません。
      製品名「ピュアレチノA」など


さらに詳しくGoogleで検索
Google