レーシックで裸眼生活の時代
    

  冷え性
  冷え性と漢方薬
  更年期障害
  ビタミン・サプリメント
   商品の表示
   大豆パワー
  シャンピニオンと腸内環境
  子宮内膜症
  不妊症
  瞳とビルベリー
  ローヤルゼリー

  便秘薬について
  にがりでスッキリ

  ドライスキン
  コスメシューティカル
  美白にはプラセンタ
  シミとメラニン色素
  酸素と活性酸素
  フラバン茶

  ダイエットで健康
  コエンザイムQ(CoQ10)
  デトックス


  性病について
  豊乳のサプリメント
   Healthy & Sexy
   

  
 
レーシック (コンタクトレンズのいらない裸眼で見える生活へ)


レーシックは、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、屈折率を変えることにより視力を矯正する治療です。 レーシックの本場アメリカでは年間に100万件以上行われている とてもポピュラーな手術です。
レーシックは、コンタクトに変わる時代
レーシック

マイクロケラロームという道具で角膜に蓋(フラップ)を作り、そこをめくって角膜実質層と呼ばれる組織にレーザーを照射します。
手術は片目数分づつのレーザー照射で、痛みも無く、ごく短時間で終わります。そして手術が終わった時から視力が回復しています。 手術室に入るとき視力が0.1も無かった人が、手術室を出るとき視力が1.5程度に回復する・・という 昔では考えられなかった夢のような夢のような時代を感じます。
目にレーザーを照射するという、一見こわい感じのする手術ですが、安全性は高く、タイガーウッズなどのスポーツ選手など非常に多くの著名人も手術を受けています。

近眼の人にとって、コンタクトレンズやメガネの煩わしさから開放されることは、人生が変わるほどの喜びと言えます。
注意点としては、年配の方の老眼との関係です。
近眼の方で老眼の年齢に達した方の場合、レーシックで近眼は治りますが、老眼は治りません。そのため、それまでは近くを見ることに不自由を感じなかった方が、近くを見る時には老眼鏡が必要になります。
このように、高年齢の方の場合は一長一短という事も考える必要もあります。
また、角膜が薄く、手術が出来ない人もいます。また眼疾患の場合も同様です。その点は、どの病院も事前の充分な検査が行われており、近視の人 全員が手術に適するとは言えません。
ただ若い方の場合には、生活の利便性の面でも、コンタクトレンズの価格や煩わしさの面から考えても、急速ににレーシックの時代になりつつあります。

手術体験動画などをネツトで見ることも出来るところもあり、 目の手術といった若干の恐怖感を和らげる工夫をする病院もあります。

メガネやコンタクトから解放されるってホントなの?レーシック説明会予約受付中!【神戸クリニック】東京・神戸・小倉